2005年06月21日

F1アメリカGP「MICHELINやりたい放題」

ま、昨日の続きなんですが。

MICHELINがレースを走らなかったのは、
安全性が保てなかったから。

まあそうでしょう。
あのタイヤじゃね。

10周はおろか、2〜3周でもダメだったのもあるらしい。


今回のMICHELINの要点はこんな感じかな。
・タイヤ交換によるペナルティを受けたくない
・シケイン設置で、BRIDGESTONE勢も遅く走れ
・安全性は保障しないから、レースに参加しても知らないよ



MICHELINの公式サイトには、
謝罪文はおろか、責任転嫁をすることしか書かれていません。
安全性を優先させたとありますが、
それなら、そういったタイヤを持ち込むべきじゃないの!?

そもそも、ペナルティは受けたくないって、
今年のタイヤレギュレーションは、BRIDGESTONEに勝てないから、
勝つためにMICHELINから出された案だというのに。

↓↓↓↓↓↓↓

Q:2005年にむけて決まったルールを支持しますか?
A:1レースを走りきるタイヤというコンセプトは、
ミシュランは全面的に支持します。
そもそもこれは私たちが2004年に提案したものですから!


今回に関して、FIAはルール通り実行しました。
筋を通したと言うべきでしょうか。(そのルールの是非は別として…)

大局的に見れば、
こんな案を飲み込んでしまったFIAにも責任はありますが…
今回の件とは切り離して考えてもいいかもしれません。

MICHELINは、自分で決めたルールでさえ守ろうとしないのですよ。
ルール通りに事を進行させたFIAFerrariを非難する資格はない。

…と、思います。
あくまで個人的な意見ですが。
posted by はちのすけ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

F1アメリカGP「MICHELIN撤退キボン」

夜遅く、というか朝早くまで起きていた皆さん。
お疲れさまでした。

しかし。
フォーメーションラップの時点で、

なにこれふざけてるの?


って感じでしたね。


聞けばなんだって?

「オーバルにシケインの設置」
「ノーポイント制」


とか抜かしてやがる。

しまいには、この条件をのんでくれなかった
FIAFerrariを槍玉に。

おいおい…。
ちょっと待ってくれベイビー。


そもそも、MICHELINが1レースに耐えうるタイヤを用意できなかったのが原因だろ?

自分たちの失態を棚に上げてソレはないよ。
ノーポイント制なんつって、
普通に走ればポイント獲得のチャンスがあるFerrariには不公平。

シケイン設置にしたって、テスト走行もせず、
いきなり本番で走る方が危ない。
それに、シケイン設置したら本当に事故は起こらないのかい??
結局何があっても文句言いそう


可哀想なのは、影響を受けたチームを始め、ドライバースタッフ
なにより楽しみに観に来たお客さんでしょう。

チケットだって安くはないですからね。
俺だったらぶち切れそう。
でも、ペットボトルの投げ入れはダメです。

ここはもうMICHELINに撤退してもらって、
BRIDGESTONEのワンメイクにするか、
PIRELLIやGOODYEARに戻ってきて欲しい

posted by はちのすけ at 20:45| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。